メディア情報

負荷試験業務について

近年、防災設備需要の高まりから、新築マンションに非常用発電機が数多く設置導入され始めています。

当社では、非常用発電機の負荷試験業務も行っています

     負荷試験業務についてはこちら≫

4K8K放送について

4K8Kとは現行テレビ放送(=2K)と比べ、画面の画素数(解像度)が高く構成されております。

従来であれば粗い映像となってしまう大画面テレビであっても、高解像度により精細できれいな映像を視聴することができます。


現在4K放送を開始しているのは、スカパーJSAT社や一部のケーブルテレビ会社等ですが、

2018年12月には、BS放送、110°CSで4K実用放送が開始します。(下図赤色 □ 部分)

特に既存衛星のBS(右旋)で開始される4K実用放送は、4K8K放送の普及を促進することが目的となっています。

2018年12月以降に開始する4K8K放送については下表の通りとなっております。

新衛星(BS左旋・110°CS左旋)で開始する上表 の放送については、テレビ放送で使用されている周波数帯域を拡大して

送信されるため、既設の共聴設備では伝送することができない放送がほとんどとなりますが、

既存衛星(BS右旋)で開始する上表 の放送については、既存の共聴設備で伝送可能な放送となっているため、

4K8K専用チューナまたはチューナ内蔵TVを用意すれば視聴することができます。

テレビ共聴設備で使用されている従来のテレビ受信用機器は、多くが2150MHz(または2610MHz)までの伝送が可能な機器のため、

今後、新衛星(BS左旋・110°CS左旋)で送信される4K8K放送に関しては、共聴設備で使用されている機器(BS/110°CSアンテナ・増幅器・分配器等)

を3224MHzまで対応した最新機器に交換していく必要があります

テレビ設備保守サービス」と「4K8K放送
.居住者様から4K8K放送についてのお問合せやご要望を回答・受付することができます
   ・今後、4K8K放送についての問合せが増えると想定されます。
    サービス導入物件であれば専用窓口で、管理会社・管理組合様に代わって居住者様の疑問・要望を受付けることができます。
                                ex「購入した4K対応TVで、4K放送を視聴することができるか?」
                                 「4K放送、どんなチャンネルがいつから始まるのか?」

.既存機器(2K)が故障した際、4K8K受信可能な機器で無償交換致します
   ・サービス導入物件では機器故障の都度、4K8K受信可能な機器で無償交換されるため、
    その都度、マンション共聴設備が新放送に対応した設備に更新されます。

.マンション全体の4K8K放送対応への改修工事も安価に実現できます
   ・周波数帯域を拡大して開始する4K8K放送は、2020年以降に追加されていくスケジュールとなっており、
    放送コンテンツ充実度に応じて、4K8K改修工事(=一斉交換)の時期を検討していく必要があります。
    サービス導入物件であれば、管理組合様のご要望に応じて特別価格での改修工事が可能です。