電波漏洩対策・助成金について(中間周波数漏洩対策事業)

電波漏洩対策(中間周波数漏洩対策事業)とは・・・

2018年12月開始の新4K8K衛星放送は今までにない新たな周波数帯が利用されます。


しかしその電波を受信するTV設備機器が「不十分な施工方法で取付けられている」旧製品を使用している」マンションでは電波漏洩を起こし、携帯電話家電製品・Wi-Fiなどの無線電波に干渉が懸念されています。


その状況を受けて、総務省(A-PAB)が電波漏洩機器に対し助成金の交付※1を行い改修を進めていく

国策の一環です。

 

※1 技術基準不適合品であり助成金交付対象機器の改修工事にかかる「機器代+工事代」の3分の2に相当する金額(助成標準単価)が助成されます。


交付条件

ご準備いただくもの

交付までの流れ

 

助成金交付には漏洩対策事業の登録業者による申請が必要となります。

登録業者の当社(登録業者ID:GT000020なら、対象可否の事前調査から申請・工事まで

全て一括でサポートが可能です。

お問合せ