新4K8K衛星放送について

4K/8K放送とは、現行のフルハイビジョン(2K)に比べより高精細・高画質な映像を提供する新たな放送です。


フルハイビジョン(2K)と比較し、4K48K16もの画素数となるため大画面でも粗さが目立

その場にいるかのような臨場感や奥行き感、美しい色合いの映像を楽しむことできます


 2K :約   200万画素  (1,920×1,080=2,073,600)

 4K :約   800万画素  (3,840×2,160=8,294,400)

 8K :約3,300万画素  (7,680×4,320=33,177,600)



2018年12月1日にBSデジタル放送、110°CSで4K・8K実用放送が開始されました。

BS右旋(既存衛星)で開始された4K実用放送(無料放送)は、新4K8K放送普及への促進が目的となっており、

2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年には更なる実用放送の拡充を目指しています。



  4K8K放送には大きく分けて2種類あり、既存のBS機器で視聴できるBS右旋4K放送(下図青枠)

              新たに改修工事が必要になるBS110°CS左旋4K8K放送(下図赤枠)があります。

 ①既にBSアンテナが設置されておりBSデジタル放送が問題なく視聴出来ていれば

     改修工事不要で受信ができる番組です。NHK + 民放5局  全て無料放送)

 BS 8K110°CS4K(13番組)については、今までTV電波で使用していなかった

   周波数(2.2GHz3.2GHz)を使用します。 


   そのため全チャンネルを受信するためには衛星アンテナから増幅器・分配器・

   テレビ端子などを全て3.2GHzまで対応した機器へ交換する必要があります。


 視聴するにはチューナー内蔵テレビ、または

      対応テレビチューナーが必要です。

 

4K8K衛星放送 使用周波数帯について

在テレビ共聴設備で使用されている受信機器の多くが、2150MHz(または2610MHz)までの対応と

なっており、今後新衛星(BS左旋・110°CS左旋)で送信される4K8K放送を視聴するためには

衛星アンテナ・増幅器・分配器・TV端子をそれぞれ最新機器(3200MHz対応品)へ交換していく必要があります。

 

「テレビ設備保守サービス」と「新4K8K衛星放送」

居住者様の4K8K放送についてのお問合せやご要望に回答・受付

・サービス導入物件であれば専用窓口で、管理会社・管理組合様に代わって居住者様の疑問・要望を受付けることができます。


ex「このマンションで4K放送を視聴することができるのか?」

 「購入した4K対応TVで、4K放送を視聴することができるか?」

 「4K放送でどんなチャンネル見られるのか?」

既存機器が故障した際は4K8K対応の最近機器で無償交換

・サービス導入物件では故障機器は4K8K受信可能な最近機器で無償交換されるため、その都度マンション共聴設備が

 新放送に対応した 設備に更新されます。

マンション全体の4K8K放送対応への改修工事も安価に実現可能

・サービス導入物件であれば、管理組合様のご要望に応じて特別価格での改修工事が可能です。

4K8K衛星放送はアンテナ受信となるため

屋上の衛星アンテナを含めたテレビ共視聴設備全体の管理体制が今後より一層必要となってきます。